By プロの不動産コンサル 小林 幸孝

東京 世田谷 下北沢 東松原 明大前の賃貸 売買 マンスリーマンション プロの不動産情報・地域密着生活情報 
痴呆症の介護 手紙 地価動向 賃貸動向 
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

宅建京王地区講習会のお知らせ

                   平成20年8月25日
会員各位
               (社)東京都宅地建物取引業協会
                世田谷区支部 京王地区
                地区部長  小林幸孝
                副地区部長 伊原 貢
  
平成20年度 第1回京王地区講習会開催のお知らせ

拝啓 時下いよいよご隆盛の趣、大慶に存じます。
さて、20年度の講習会を下記のとおり開催いたします。
              記
日 時   平成20年9月19日(金)
開 演   午後6時30分〜8時終了予定
場 所   烏山区民センター 第4会議室
      電話3309−7221

講 師   弁護士 久保内 統
テーマ   重要事項説明項目の合理化に向けて

(概要)本年6月に国交省の「流通市場研究会」の中間報告により、重要
事項説明の今後のあり方を大幅に変更する方向性が出された。
・書面交付で足りる項目は口頭の説明を不要
・インターネット等を利用した書面交付を認める  等
これを踏まえて、いま改めて
―斗彁項説明の意味と趣旨
不動産仲介会社にとっての重要事項説明の意義を再確認すると共に、

∈8紊慮直しに向けて
どのような仲介業務を目指せばよいのか、概要を説明する。なお、消費者庁が来春発足することになっているが、消費者庁は宅建業者への検査権限・監督権限を持つことも予定ことから、消費者保護の観点からの制約についても言及する。

※特に、久保内弁護士にタイムリーな講演をお願い致しましたので
皆様の積極的参加を宜しくお願い申し上げます。 

新発見の出来事 | - | -

ブダペストの動物園で、稀少なオナガザルの仲間の赤ちゃんをお披露目

JUGEMテーマ:モブログ


新発見の出来事 | - | -

ビートルズ!

1960年代、「ビートルズ」という名のグループの伝説の始まりでした。会場は演奏が始まると、「ビートルズ」の音と心に感じる高揚感で一杯です。
前の席の方は、ずーっと口ずさんでいます。
観客は演奏中は、ステージに釘づけです。
演奏中、飲食する人はいません!(初めてで状況を知らず私くらいでした・・・。)
新発見の出来事 | - | -

博多祇園山笠

荘厳な博多祇園山笠
新発見の出来事 | - | -

春が来た!!

春が来た!春が来た! 可憐な花ここに本文を記入してください。
新発見の出来事 | - | -

居住用買い替え特例

税務署は20年前の居住用買い替え特例の資料を保管しておりました。
税務署!恐るべし。

私のお客様で20年前に成城学園を売却し、下北沢を購入し、
今回、下北沢を売却されるのですが・・・。

その際の譲渡益の申告で、成城から下北沢へ買い替えた際、居住用買い替え特例を使ったていれば、今回の、下北沢の売却の取得原価は成城学園の購入時の価格か20年前の契約書がない場合は成城学園の下北沢購入価格を控除した残額の5%になります。

ということは、単純に下北沢の売却価格が購入価格より低く、譲渡益がでなくても
成城学園の取得原価を引き継ぐため一般的に譲渡益が出て譲渡税の支払いが出てくるのが常です。

居住用の買い替え特例とはあくまでも譲渡税の繰り延べだからです。
くれぐれもお気を付けください。税務署には資料があるようです。
新発見の出来事 | - | -

雪の祭典会場

雪の祭典大通り公園の本来の意味・・・北の官庁街と南の住宅街・歓楽街との防火エリアだそうです。南から来たヘ向かっての風に乗って火が飛び火しないためのエリアが現在では市民の憩いの場として利用されているようです。< span style="font-size:large;">雪の祭典風景
新発見の出来事 | - | -

雪国の知恵

サッポロ雪祭りはまさに厳しい雪の冬を幸に変えるべく札幌市を上げてのイベントのようです。私は小樽出身ですが、小樽も雪の行事がいろいろあります。
もちろん、札幌、小樽に限らず道内各地で楽しい行事が繰り広げられます。

30年前は、小樽の雪祭りのほうがメジャーだったはずですが、冬季札幌オリンピック
を境にサッポロの雪祭りが冬の祭典になりました。
小樽は運河再生で別な意味で脚光を浴びているようです。

でも、生活者にとっての雪は”厄介者”ではあります。

新発見の出来事 | - | -