By プロの不動産コンサル 小林 幸孝

東京 世田谷 下北沢 東松原 明大前の賃貸 売買 マンスリーマンション プロの不動産情報・地域密着生活情報 
痴呆症の介護 手紙 地価動向 賃貸動向 
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 中傷被害の外山不動産は友人です。 | main | 朝の明星 >>

人生・仕事を真面目に生きる!

 元気な挨拶、笑顔、感謝の気持ちを忘れずに励行すると

平屋の延床面積230坪の別荘とご自宅の自分のお部屋が
100畳・それぞれ総檜のお住まいを持つことが出来ます。
まさに実践されているご夫婦の素敵な別荘を拝見してきました。

ご主人はゴルフのクラブ・ベンツのハンドルの前や助手席の前に
それぞれグリーンやピンクのテプラに「ありがとうございます。」
と書いて張ってあるんです。
感謝の気持ちがほとばしっています。

日々のごく当たり間の日常に感謝の気持ちを精一杯表現しているようです。

ご主人が7年前までほぼ8年間ほど重度の腎臓障害のため人工透析を
されていたそうです。当時、食事制限もあり、それはそれは大変な日々で、
生きていること自体がいやになる毎日を過ごしていました。
今から7年前に、血液型が違うが他のいろいろな相性が合う奥様からの
腎臓移植に成功し、”普通の生活”が出来るようになったそうです。

今は世田谷の自宅に3日間、850坪の別荘に4日間生活し、ご主人はアトリエにて絵を描き、陶芸の創作活動・奥様は大好きなお掃除の生活を送っていらっしゃいます。家の中も外もピカピカです。

奥様曰く、家の中の拭き掃除も大好き、外の 「お庭の木の葉やゴミを大判・小判と思って掃除をするの!」と楽しそうに話していたのが印象的でした。

辛いことを乗り越えると人間は大きくなり、大判小判も吸いよってくるようです。

奥様にどうするとこのような生活が出来るんですか?とお聞きすると、
「人生・仕事を真面目に生きる!」ことですよ!!

三人で伺ったのですが、奥様がお土産に
別荘のワインセラーからお好きなワインを1本お持ち帰りください。
とのこと。ちなみにワインセラーにはいろいろなワインが1500本横になっていました。
なんと!最高で100万円のものもあったようです。
私は遠慮しながら、15万円のワインを有難く頂戴いたしました。
でも・・・、私にはいつものスーパーにて購入のワインの味との区別が付かないでしょう。 でも、ありがとうございました。

感謝。感謝。感謝。
楽しい出来事 | - | -

スポンサーサイト

- | - | -